暑い、食べれない、嫌になる

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

暑い日々。。。

ずっとイライラが止まらないのに、
暑さも加わって、さらにイライラ

そして、食べることも、ますます上手くいかない・・・。

そんな日々をお過ごしではないでしょうか?

今回のご質問をご紹介します。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

暑いのと、上手くいかないことがあって

・食べたくない気持ちが強くなってしまった
・休めない
・すべていやになって自分なんて生きている価値がない、死にたい、と思ってしまう

このようなときはありましたか?
もし、あったならどうやって過ごされましたか?


*ブログでは、一般論と私の経験談の範囲で回答させていただきます。

ご質問をありがとうございます。

もちろん、私にもありましたよ^^;;

そして、私の場合は、食べたくない気持ちを正当化するためにも、「夏バテ」という言葉を使っていたように思います。

なので、経験談としての「乗り越え方」は、残念ながらありません。スミマセン。

全然たべれなくなった時は、点滴に行ったり。
家で、イライラが爆発していたり。

特に、「乗り切った」ことが無いからです。

でも、現時点から振り返って「こうすれば良かった」ということは沢山あります。

今回は、考え方を中心にお届けします。

============================

1.「暑い」にも終わりがある

2.生きている価値って、条件付きなの?

3.今の治療に満足ですか?

============================

1.「暑い」にも終わりがある

先日のメルマガにも書きましたが・・・
今の最頻出単語は、「暑い」です(笑)。

なので、毎日、いつでも、「暑い」って言っています。

理由は、ただ1つ。
「暑い」から。

もちろん、「暑い」って言っても、暑いのは終わらないし、
「暑い」って言っても、暑さは軽減できないです。

でも、言い続けている限り、毎日を過ごしている限り、「秋」に近づいていますよね。

「暑い」にも、必ず終わりが来るんです。

今、摂食障害でとてもツライ日々かと思います。

でも、「終わり」を信じていきませんか?

食に振り回される日々の「終わり」
体重にビクビクする日々の「終わり」
人の顔色を伺ってばかりの生活の「終わり」

「終わり」は、必ず来るのだから。

今が、辛くても大丈夫。
今が、上手くいかなくても大丈夫。

あなたが、あなた自身の未来を信じてあげましょう^^

2.生きている価値って、条件付きなの?

何のために生きているんだろう?
自分なんて、生きている価値がない。
生きていても、いい事なんて、1つも無い!

ツライ心境だと、こんなふうに考えてしまっていませんか?

私も、何年も何年も、そんな気持ちでした。

生きることが辛くて
食べることが辛くて
何をやっても上手くいかなくて

ちょっと食べればすぐ太る身体になってしまって
動けばいいと思っても、無気力で

だから、「生きていたくない!」と何度も何度も叫んでいました。

こうした考え方が変わったのは・・・きっと、なんとなくだったと思います。

なんとなく、「私なんかも、生きていてもいいのかなぁ」みたいな気持ちが、すこーしずつすこーしずつ、心の中に沸くようになった感じです。

今、条件付きで考えてしまっていませんか?

ちゃんと学校生活が出来ない自分なんて、ダメだ!
友達と付きあえないから、ダメだ!
仕事が続かないから、ダメだ!
今日1日、何もしなかったから、ダメだ!

だから、「食べちゃいけない!」に繋がってしまっていませんか?

でも、気づいて欲しいんです。

あなたは、何かが出来るから「あなた」なのではありません。
あなたは、「あなた」自身なのです。

何かが出来ても・出来なくても
何かをやっても・やらなくても
どこに行っても・行かなくても

あなたが、あなたでいることには、変わらないのです。
そして、あなたの代わりになれる人は、1人もいません。

だから、今日1日、何もできなくても、それでいいじゃない^^

ネガティブな考えばかり浮かんで嫌・・・と思っても、
今の考え方を「ネガティブ」と決めてしまっているのも、あなた自身です。

ホントの意味では、考え方に、ポジティブもネガティブも無いのですから^^

だから、あなたは、今ここに生きていていい。
今、ここに生きていてください。

何もやらなくても
何もできなくても

「あなた」でいてください。

3.今の治療に満足ですか?

上手く行かない時は、
じっくり考えるチャンスでもあります。

言いたい事、言えていますか?
治療者のこと、ホントに信じていますか?
その治療を続ければ、治るって思えますか?
いつ頃までに、治ることを目標としていますか?

よく分からないまま・・・

変化を感じないのに
納得も出来ないのに

ただ、なんとなく、通院していませんか?

そして、こんなふうに不安になっていませんか?

「私って、治らないのかも」

あなたは自由に選べるのに
あなたには選ぶ権利があるのに

選ぶ前に諦めてしまっていませんか?

どんなに素晴らしい治療者であっても、あなたが他力本願なら、回復は難しいと思います。

まずは、あなた自身が、「治る決心」をすること。

その上で、どんな治療を望んでいるのか、具体的に書き出してみましょう。

場所は?
病院だけ?
カウンセリング併用?
一回の診察時間はどれくらい?
女医希望?
通院頻度は?
行くなら、何曜日?
薬は飲む?
連携病院は?

事前に決めておくことは、実はたくさんあるのです。

希望がハッキリしないまま、行き当たりバッタリで病院をえらぶから、ずっと安定しないのです。

まずは、あなた自身の「受けたい治療」をハッキリ書いてみてくださいね^^