【拒食症の経験談】栄養不足と熱中症でも怖い「カロリー」との向き合い方


拒食症の時は、何がなんでもカロリーを減らす、食べる量を減らす…ということに必死でしたね。。。今から思えば後悔しかないですが。

こんにちは。
摂食障害専門カウンセラー中村綾子です。

⇒プロフィールはこちら

私の摂食障害は、

拒食症

過食症

過食と過食嘔吐

という順番でした。

克服した話は、こちらの動画にまとめています。
⇒【動画】摂食障害の克服経験談

今回の拒食症の経験談は、大学院生で実家に住んでいた頃の話です。

拒食症の経験談:栄養不足と熱中症でも食べられない

大学院時代の暑い日でした。
ようやく最寄り駅についても、そこからまた歩くのか…という気持ちでずっしり重たくなりました。

うちの実家は、最寄り駅から10分程度歩くのですが…
フラフラ…。

拒食症で栄養不足でフラフラ
体力なさ過ぎてフラフラ
熱中症みたいで、フラフラ
とにかく暑い日でした。

駅のすぐ近くに、ふるびた薬店がありました。

そこに、

「●●を飲んで疲労回復!」

とサプリメントの宣伝の文字が。

引き寄せられるように、薬店のドアを開けて、真っ先に聞いたのは

「カロリーはありますか?」

お店の方は「カロリーはあります」。

ハイ、終了。。。。

拒食症時代の頭の中:カロリーに支配される

拒食症時代の考え方は、本当にカロリーが全てでした。

フラフラでも、カロリーは摂りたくない。
余分にカロリーを入れるくらいなら、身体が辛くてもいい。

そんな気持ちでした。

さらに、

太るくらいなら、拒食症が治らなくてもいい。
太るくらいなら、食べたくない。

そんなことを本気で思っていたのでした。

現役カウンセラーが語る「拒食症から、治ったきっかけ」は?

こうした「治ったきっかけ」が1番知りたいことだと思いますが…私の場合、拒食症からスグ治ったわけではないです。

上記の通り、私の摂食障害は、

拒食症

過食症

過食と過食嘔吐

という順番でした。

でも、誤解しないでいただきたいのは「過食になれば治る」と安易に考えてしまうことです。

拒食症から過食になる方は多いですが、ぜったいに過食になるとは言えませんし、過食になってドロ沼化する方も少なくありませんから。

摂食障害全般に言えることですが、治ったきっかけは1つではありません。
いくつもいくつも、小さなきっかけがあったのかもしれない…というのは「治った後」に気づくものではないでしょうか?

治ったきっかけ、こちらのページで沢山書き出してみました。

拒食症から食べられるようになったきっかけ

https://m-d-counseling.com/20230813seminar/

【新規】お母様のための摂食障害専門カウンセリング
娘の拒食症・過食症に悩むお母様へ。カウンセリングで摂食障害のただしい治り方と心の安定を身につけましょう。摂食障害専門カウンセリングによる具体的なアドバイスが好評です。