どうしたら夫の食事に寛大になれますか?

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

「お母さんが食べてくれないなら、私も食べない!」

「買い置きがあるから、私か過食しちゃうんでしょ!」

「スーパーのじゃなくて、有機栽培の野菜買ってきて!」
desert-813924_1280
家族の食事が
いつも気になって

家族に嫌われるんじゃないか
見捨てられるんじゃないか

ホントは内心ビクビクしているのに
辞めようと思っているのに

食べ物を前にしたり
食事場面になると

「辞めよう」が吹っ飛んで
言葉がどんどんエスカレートしてしまう。。。

こうしたご相談は、摂食障害に悩むご本人からも、
ご家族からも、とても多いです。

今回のご質問をご紹介します。

*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

夫の食事に関しても縛りたくなるようになり、毎日喧嘩の日々です。
どうしたら寛大になれるのでしょうか?

買い食いしてきたでしょ!
何でも買っきて食べないで!
飲みに行っても程ほどにしてよ!
等言ってしまいます。

自分自身自由に楽しめない?せいか余計苛々します。

ご質問をありがとうございます。

摂食障害の娘さんが、
お母様の食事についてイロイロ言ってしまうご相談がよくありますが、

今回のように、ご結婚後に、
旦那様やお子様に対して、食がうまく行かなくなる場合も、実はよくあります。

=====================

1.人より「自分に寛大」を目指す

2.愛が不安になる時

3.治ることは、「自分」になること

====================

1.人より「自分に寛大」を目指す

今回のご質問は、「どうしたら、夫に寛大になれますか?」ですが、

これは、いろんな立場、いろんな場面でも同じです。

「どうしたら、娘の食事が気にならなくなりますか?」というお母様も
「どうしたら、妹の食事量と比べなくなりますか?」という摂食障害のあなたも

結局は同じなんです。

「人にいう」のは、あなた自身ですよね。
「人に」という部分だけを、どうにか変えようとすると、上手くいかないです。

「人」の前に、あなた自身。

人に寛大になりたいのなら、あなたは、あなた自身に寛大ですか?

決まったカロリー
同じ食べ物
いつも同じ食事時間

こうしたマイルールに、がんじがらめになっていませんか?

ルールが守れなくなると、
自分でもコントロールできないほど怒ってしまったり

ルールを守るために、
友達付き合いが疎遠になったり

あなたが、ルールに縛られている日々は、ホントは苦しくてたまらないのではないでしょうか?

ルールを緩めるために
心を緩める

心を緩めるために
心を見つめる

きっと、いろんなことが積み重っているはずです。

食とは、命の根源です。
相手の命の根源を、変えたくなるほどの「何か」があるのではないでしょうか?

人よりも自分
自分が変わることで、
人の食事にいいたくなる心も変わっていくのです。

2.愛が不安になる時

愛というと、男女関係だけを思い浮かべるかもしれませんが、

友達関係
親子関係
職場での上下関係

対人関係の全てが愛ですよね。

相手の食をコントロールしたくなることや、
様々な確認行為の根本には、こんな気持ちがあると考えます。

私って、ちゃんと愛されている?

愛されているか不安で、
愛されていることを確認したくなってしまう

愛されていない気がして
急に不安になったり
急に涙が止まらなくなったり
急に怒り出したり

こんなムリな欲求をしても
こんなダメな私でも
それでも愛してくれるの?

不安が不安をよんで
ますますエスカレートしてしまう。。。

今、愛されたい、寂しいという気持ちが
心の中にいっぱいあることに気付いていますか?

もしかしたら、
気付くことは、とても怖いことなのかもしれません。

もしかしたら、
気付くと同時に、涙があふれ出すかもしれません。

でも・・・

無視しないでいて欲しいのです。

愛されたいと訴えている自分
寂しいと泣いている自分

そんな「自分」を
ふんわりと抱きしめて欲しいのです。
heart-818885_640
ふんわり
温かく

ふんわりして
温かくなって
深呼吸して

そんな作業の繰り返しこそ、
あなたの心が穏やかになる一歩かもしれません。

3.治ることは、「自分」になること

治るって、どんな状態だろう?

心の病気だと言われても、心なんて目に見えないし

食べることが平気になっても、食べ過ぎることもないのかなぁ…

治るっていうことが、
ハッキリしないからこそ
悶々としてしまっていませんか?

私は、治るとは、自分が自分になることだと思っています。

あなたが、あなた自身になって、
ラクに生きられるようになることです。

食べる量も
あなたの心身がラクに過ごせる適量が分かるようになります。

食べる時間も
あなたの生活にとって、ラクに時間に食べることが出来ます。

言いたいことも
あなたがラクな対人関係を築いていく中で、ラクに発言できるようになります。

やりたいことを、ラクな気持ちで取り組むことができます。

だから、他人の食べる量が気にならないのです。

あなたが、ラクに生きているのだから、
他の人が食べても食べていなくても、どっちでもいいですよね。

そう思える時、初めて「寛大」になれるのではないでしょうか?

あなたは、今よりもっと優しくなれるのだから。理由は、こちらです