カウンセリングの仕事でストレスを感じますか?

2020/05/28修正

摂食障害カウンセリング
中村綾子です。

仕事のストレス・・・

当たり前のように使われる言葉ですが、
摂食障害の悪化・再発にもつながりかねません。

また、仕事は、人生のかなり大きな割合を
占めるものです。

なので、「お金だけ稼げれば・・・」という考え方には
私は違和感を覚えます。

今回のご質問をご紹介します。

*ブログ回答は、私の個人的な経験とカウンセリング方針に基づいています。
*全ての方に当てはまるとは限りませんので、予めご了承ください。

◆メルマガ読者さんからのご質問◆

中村先生はカウンセリングという仕事をしている時にストレスを感じられる時がございますか?

ご質問をありがとうございます。

クライアント様の悩みをずーっと聴き続けている生活です。

早い時は、朝8時からカウンセリングを開始しています。

ですが、どんなに深刻な相談内容であっても、
それが私のストレスになることはありません。

悩むことはあっても
勉強することはあっても
「ストレス」とはちょっと違うかなぁと思っています。

注:「ストレス」を「負担」「悪いもの」という意味で解釈した場合を
書いています。

仕事がストレスになっていたら
長続きしないと思います。

仕事がストレスだけであれば、
それは「合わない仕事」なのかもしれません。

カウンセリングの仕事は、
多くの喜びと充実感に満ちていると感じています。

真っ暗だった表情が
ぱっと明るくなったり

変わらない・変わりたくないばかりだったクライアント様が、
乗り越える勇気を見せてくれたり

頑なだった心が
段々柔らかくなって
どんどん穏やかな雰囲気に変わったり

「人」の持つ可能性を
本当に実感させてもらっています。

もちろん、私にも、上手くいかない時はあります。
そして、なんだか息苦しい感覚を味わう時もあります。

そんな時、今の私がしている対処法は
こちらです。

===================-

1.トコトン落ち込んで、ムクッと這い上がる^^

2.苦しい時こそ、気づくチャンス

========================


1.トコトン落ち込んで、ムクッと這い上がる^^

上手くいかない時は、
大抵、自分の想いが伝わっていかない時です。

もちろん、落ち込みます。
そして、トコトン考えます。

クライアント様の回復ペースに合っているかどうか。
治りたくない気持ちが浮上しているタイミングではないか。
私が見落としている点は無いか。
言葉の意味を取り違えてないか。
集中力は万全だったか・・・etc.

時には、これまでのカウンセリング記録を全て読み返したり、
参考になりそうな本を読み返したり、
いろーーーんなことをやっていきます。

もちろん、その間も、まだまだ落ち込みモード全開です^^;;

ですが・・

ずーっと落ち込んで
トコトン落ち込むと
ムクッと這い上がる瞬間があります。

それを、「ムクッと現象」と勝手に読んでいます(笑)。

もう、しょうがない!!
勉強しよっ!!!

こうして勉強に目覚めるわけです^^

今、上手くいかないことは
新しい知識を入れることで、何か変わるかもしれない。

今、方法が見つからないと感じるのは、
まだ、知らないだけなのかもしれない。

今、出来なくても、
これから、出来るようになるかもしれない。

そんな想いで、勉強するわけです^^

ちょうど1年前のメルマガに書きましたが、
「未熟だから、想いがある」。

未熟を自覚し
少しでも向上していくために
今、やることがある。

その「やること」無しに、
現状は何も変わらないと思っています。

だから、落ち込んだ後は、「やる」を選ぶのです^^

2.苦しい時こそ、気づくチャンス

苦しいと感じる時、
何かに気付き
何かを変えるチャンスと思うようになりました。

様々な問いかけを自分自身にしていくのです。

今、休みは取れている?
最近、思いっきり笑ったかな?
パン作っていなくない?
読みたい本、読めている?
運動不足じゃない?
身体、凝っていない?

休養・栄養・睡眠・運動・心・・・etc.

いろんな方面から、
1つ1つ自分に問いかけていくのです。

その上で、何かに気付いたのなら、
何かを補うチャンス。

さらに、「仕事のやり方」について
振り返る時間でもあります。

自分が楽しめるやり方って、他にあるのかなぁ?
もっと快適に仕事するには、どうしたらいいんだろう?

同じ仕事でも
やり方・考え方はイロイロ。
いろんな方法があってイイと思っています。

手に入れたい結果と
今、出来る方法。

私にとって「結果」とは、
1人ひとりのクライアント様がラクになること。
ラクになった末に、摂食障害が治るということ。

その先に、
「摂食障害は、治るのが当たり前」という
考えを社会に広めていくことです。

だから、まずは私自身が、
ラクな状態を保つことが何よりも大切と考えています。

・・・

今、仕事について悩んでいる方も、
とても多いと思います。

摂食障害の仕事選び、
この2つ、覚えていますか?