【食事制限の落とし穴】動かないから食べちゃいけない?!

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

外出自粛ですねー。
ますます食べることが、おかしくなっていませんか?

今回のブログ記事は、

・動かないと食べちゃいけないと思ってしまう方
・じっとしていることに罪悪感を抱く方
・家でイライラするお嬢様との接し方に悩むお母様

などに向けて、役立つ情報をお届けします!

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

動かないから食べちゃいけない?!

きっと、今の外出自粛の中、これに悩んでいる方が多いと思います。

・動いていないから食べちゃいけない
・何もしていないから食べちゃいけない
・カロリ消費の運動が出来ないから何も食べちゃいけない・・・etc.

分かるなぁ~という気持ちが半分。
ちがうよ!と言いたくなる気持ちが半分。

摂食障害の経験者ですから、同じようなことも経験していますし、私もホント思っていました。

でも・・・

今だから言えることがあります。

動いていないから、食べちゃいけないなんて、誰も言っていない!!!
あなたは、食べてイイ!

美味しいモノ食べよ。
美味しい!って言って食べよ。

ただ、それだけです^^

カロリー!カロリー!と頭がいっぱいの時に出来ること

そうは言っても
動いていないから、カロリー消費していないし。
何もしていない自分なんて、ホントダメ・・・という気持ちになりがちですよね。

頭の中は、カロリーという数字ばかりがパチパチして
リラックスどころか、いつもイライラして。

こういう時にお伝えしたいのが、過食時の私が言われた主治医の言葉です!

10食べたから、10動かないといけないと思うから苦しくなる。
ちょっと多めに歩くとか
ちょっと階段を使ってみるとか
それぐらいでいい。

当時の私の感想は・・・

はぁ!????

でしたね(笑)。

当時の私が思っていたのは・・・

食べるのは一瞬でも、そのカロリーを消費するなら、長時間歩いたり走ったりしないといけないじゃん。。。
昔、スポーツジムに行っていた時、消費カロリーに応じて食べ物が表示される機能があって、それを見てがっかりした記憶がよみがえってきましたね。。。

ですが、今、回復してカウンセラーとして仕事している立場としてお伝えしたいのは、ほぼ同じことです。

人は、カロリーで出来ているわけじゃない。
食べ物も、カロリーで作られているわけじゃない。

人は、心があって、身体があって、人とのつながりがあって、「生活」がある。
食べ物も、誰かが一生懸命育ててくれたものだったり、作ってくれたものだったり、「おいしい」を追及されたモノ。

カロリー!カロリー!で頭がいっぱいになったら、ぜひそんなことを考えてみて欲しいのです^^

カロリー計算から自由になる方法

諦めること。

はい。これに尽きます。

カロリー計算しても、太る時は太るし。
カロリー計算しても、心はラクにならない。

これらが腑に落ちた時、「もぉー、いいや!」と思えるはずです。
頭だけで、分かっていても何も変わっていかないと思います。
頭だけで「カロリー計算は辞めるべき!」と自分に禁止しても、そわそわするかもしれません。

だから、腑に落ちること。
そして、治ることを諦めるのではなく、治るためにカロリー計算を諦めること。

これまでカロリー計算に費やしてきたエネルギーを、心と向き合うエネルギーに移行させたら、それは回復が早く進むと思います。