《感謝》摂食障害専門カウンセリングも7年目に入ります!

摂食障害専門カウンセリング
中村綾子です。

明日、2019年9月1日は、特別な日です。

摂食障害専門カウンセリングの7年目が始まります!

ちょうど6年前、2013年9月1日、私は摂食障害専門カウンセリングを始めました。

「ブログだけで相談したい!という人が来てくれるの?」
「(当時)ホテルラウンジで、そんなプライベートな話が出来るの?」
「実際、やっていけるの?」

カウンセラーとして再出発を決めて時、家族からは沢山の心配の声がありました。

けれど・・・

・小学生の時から、カウンセラーを目指していたこと
・心理学を学びたくて、1人でカナダに留学していたこと
・摂食障害の頃、経験者に出会えなくて悲しかったこと
・摂食障害に悩んでも、相談先にはもっと悩んでいたこと

これらの想いは、家族も知っていました。摂食障害の頃、私が悩んでいたことは、同じように家族が抱えてきた悩みでもありました。

だから、積極的な賛成とは言い難い様子でしたが(笑)、少なくとも大反対には至らず、応援してくれていました。

次第に、カウンセリングの予約がどんどん増えていく様子を、両親はとても喜んでくれました。

あれから、6年。

実家暮らしから、一人暮らしへ。
ホテルラウンジでのカウンセリングから、オフィス開設へ。

いろんな変化と動きは、その時々の大きな喜びでした。
喜びであると同時に、時に大きな不安となり、自分はこのままカウンセラーとして仕事をしていけるのか?という自問自答の日々があったことも、あえてここに記したいと思います。

7年目にチカラを入れる3つのこと。

1.摂食障害のお母様方へのサポートです!

2.新しい国家資格『公認心理師』の取得です!

3.「治って起業する!」の「起業部門」を独立させます!

きっと、このブログを読んでくださってる方の中には、上記の3つの内容にびっくりされている方もいらっしゃるかもしれません。

公認心理師・中村綾子
プロフィール
著書一覧

1.摂食障害のお母様方へのサポートです!

これも、カウンセリング開始時は、ホントに驚いたことですが・・・
お母様方からのご相談が、とても多いことです。

「母親が相談できる場所がない」
「相談したくて、イロイロ問い合わせしても『ご本人を連れてきてください』と言われてしまう」
「娘への対応に、毎日困っていて、どうしたらいいか分からない」

そんな声が、とてもとても多いのです。

現在ご提供中のサポートは以下の3つです。

以下をクリックしていただきますと、くわしい内容をご覧いただくことができます。

・卒業を目指したい母親カウンセリング

・1回相談したい⇒単発のご相談

・摂食障害について学びたい⇒「学ぶ」講座

この3のどれもにチカラを入れていきたいですが、真っ先にリニューアルするのは、「学ぶ」講座です。

「学ぶ」講座は、2019年8月から開始したばかりの講座です。

相談ではなく、知識として学ぶこと。
摂食障害かもしれない・・・という状態で、お嬢様を病院に連れていくと、即座に「入院か?体重を増やせるか?」といった話ばかりで、何がなんだか分からないまま治療ばかり続いてしまう・・という方が少なくありません。

「分からない」からこそ、摂食障害のいろんな情報にふりまされてしまいます。
「分からない」からこそ、ムダな治療で、回復を遅らせてしまいます。
「分からない」からこそ、ご家庭での関わり方が、回復サポートではなく、「摂食障害で居続けるためのサポート」になっている場合が多いです。

まもなく、一層充実した内容にリニューアルして、募集を開始致します!
お楽しみに^^

2.新しい国家資格『公認心理師』の取得です!

実は・・・受験生です^^

2018年に始まった、新しい国家資格『公認心理師』の取得を目指して、目下、勉強中です。
現役のカウンセラーを対象とした方法で受験するため、仕事との両立が必須^^

資格が出来たことは、随分前から知っていましたし、大学院時代の同期からもこの話は聞いていました。

ですが・・・最初はあまり興味が沸かず、翌年はオフィス移転でバタバタしたまま時間がながれ、今年夏になってようやく受験を決心した、という流れです。

あっという間に2年を棒に振ってしまいました^^;;

なので、2020年の受験で1発合格を目指して勉強中です!

国家資格は、ただただ自分のためだけに勉強しています。

開業カウンセラーとして、仕事面ではきっと変わりがありません。
むしろ、勉強のために時間を割いたり、講習会参加のために仕事が出来ない日があったり、いろんなデメリットは大きいです。

けれど・・・

大学院を辞める時、もう心理学の世界では生きていけないんだと絶望してました。
絶望して、過食が止まらなくなって、人生で1番ひどい過食の時期を経験しています。

新しくできた国家資格からは、もう1度チャンスを貰えたような、そんな嬉しさでいっぱいです。

だからこそ、自分のために、自分の勉強に励んでいきます!

3.「治って起業する!」の「起業」を独立させます!

摂食障害専門カウンセリングは、摂食障害に悩んでいる方の回復を様々なカタチで応援して参りました。

その思いは、7年目を迎える現在も変わりありません。

ですが、ずっと抱き続けてきた「治って起業する!」というコンセプトを、より充実させるためにも、起業部門を独立させます!

今年7月頃から、少しずつ活動を始めました(別サイトに飛びます)

理由は、3つ。

(1)クライアント様の年齢層が、多岐に渡っています。

もちろん、中学・高校生時代から「働き方」について考えることは、とても有意義だと思っています。

ですが、社会に1度も出たことがない学生さんにとっては、起業以前に働くこと自体に、なかなかイメージが沸かない印象を受けています。

(2)起業そのものは、ゴールではありません。

さらに、私の伝え方が不十分だったのかもしれませんが、「治って起業する」というコンセプトから「治れば起業できる」「カンタンに起業できる」という安易な発想を引き起こしてしまっている印象もあります。

起業とは、自分で仕事を「起こす」こと。
そのため、起業自体がゴールではありません。

だからこそ、起業をカンタンにとらえてしまうと、後々行き詰ってしまうのは目に見えています。

(3)すでにお仕事が充実している方や、アルバイト程度のお仕事で満足の方もいます。

以前から変わらないことですが、私は決して、全員に起業をオススメしているわけではありません。

すでにお仕事が充実している方や、摂食障害から卒業され、より一層これまでのお仕事に励んでいるクライアント様もいらっしゃいます。

一方で、私としては、せっかく高い能力をお持ちのクライアント様が、週数回のアルバイト程度のお仕事で満足してしまうのは、残念に感じています。

ですが、ゴールは、クライアント様自身が決めることですから、当オフィスのカウンセリングを「治って起業」というコンセプトを継続してしまうと、そこに不一致が生まれてしまうことを感じてきました。

以上の3つの理由から、「治って起業する!」を改め、カウンセリングでは「治ること」「卒業すること」に一層注力していきたいと考えます。

では、7年目もどうぞよろしくお願い致します!
そして、ご本人様向け・お母様向けの新規カウンセリング受付中です!!